Records おたより/イベント

ご利用者の充実した毎日を
施設ごとにご紹介いたします。

ばやし
創刊号から最新号までの
愛知慈恵会の広報誌「祭ばやし」を掲載しました。 広報誌一覧はこちら →
瀬音 さくら山荘
2021.05.29
祝100歳

ファミリーの梨谷つや子様が5月29日に100歳の誕生日を迎えられました。
白川村村長やご家族がお祝いに来て下さり、プレゼントや花束などたくさんのお祝いをいただきました。
つや子様は目を潤ませながら「ありがとうございます。」と喜んでみえました。
新型コロナウイルス感染予防のため村外のご家族が来ることはできませんでしたが、昼食には赤飯、おやつにはケーキでファミリーの皆さん・スタッフ一同でお祝いをしました。

あいふるの里
2021.04.28
日々の運動の様子。

特別養護老人ホームあいふるの里では、万全の感染対策を行った上で、定期的に、機能訓練指導員による体操や口の運動、レクリエーション活動を行っております。日常生活の中でも立ったり座ったり、手足を意識的動かしたりといった活動を取り入れることで、筋力が低下しないように努めております。
コロナに負けないよう、これからも適度な運動を取り入れ、日々の健康管理に役立ててまいります。

あかねぞら 大黒・恵比寿
2021.04.07
お寿司の出前をとりました!

例年であれば、ご利用者の皆さまと一緒に、回転寿司に出掛けているのですが、
コロナの影響もありできず…。
少しでも楽しんでいただこうと、出前を取ることにしました。
目の前にお寿司が届くと、笑顔と、「おいしそうだねー!」の声でいっぱいになりました。
普段は小食のご利用者も、1人前をしっかりと召し上がってみえ、満足そうでした。

しゃくなげ荘
2021.03.31
春よ来い♬早く来い♪

白川村はまだ残雪があり冷たい風が吹いています。
桜の蕾もぎゅっと固く、まだまだ春の訪れは遠いのではないか?とご利用者も施設内から外を眺めてみえます。
そこで少しでも早く春を感じてもらおうと、しだれ桜をご利用者と作ってみました。
暖かくなり、本当の桜が咲くまでは手作りの桜でお花見を楽しみたいと思います。

ねばねの里 なごみ
2021.03.25
面会制限一部解除へ

この度、総合的に判断いたしまして、
慎重な条件の下でご入所者の面会制限
を一部解除することとなりました。
WHO(世界保健機関)が公式に
発表している世界最初の
新型コロナの症例は2019年12月8日に
発症したとされています。
ここ「なごみ」でも面会制限と
させていただき、1年近く経った今
スタッフ一丸となり、
施設内感染の防止に努めながら、
入所されている皆様への介護サービスの
提供に努めてまいりました。
世間の情報を共有し、感染症予防対策を
行っております。
これが正しいとはわからないままですが、
おかげさまで感染することなく、
過ごしております。
これも皆様のお陰だと感じております。
施設には高齢で基礎疾患を
お持ちの方が多く、
ウイルスの感染防止には
万全の注意を払わなければなりません。
その一方で、施設として国等の社会的・
経済的活動の制限解除の方針や、
ご家族の皆様のご心情・ご希望にも
お答えしなければならないと考え、
総合的に判断して慎重な条件下で
3月15日より「面会制限の一部解除」
の方針をとることといたしました。
このような事情ですので、
今後の感染拡大により再び面会中止等の
処置をとることがあり得ますことを
ご了承いただきますよう
お願い申し上げます。

     ねばねの里「なごみ」施設長

小川の里
2021.03.24
甘い甘いホワイトデー!♥

3月14日はホワイトデー!特養では密を避けチョコファウンテンレクを行いました。まだ肌寒い日が続きますが温かいチョコレートの滝に甘いフルーツ・食パンをかけて…「チョコが温かいで美味しいね」と笑顔がこぼれていました!普段は出来ないチョコレートの滝を見た方は「こんな贅沢いいのかねぇ」と表情が柔らかくなってみえました。コロナに負けず参りましょう!!

ねばねの里 なごみ
2021.03.24
開所6周年を迎えました。

『ねばねの里「なごみ」開所
        6周年記念のご挨拶』

謹啓 
時下ますますご清栄のことと
お喜び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り厚く
御礼申し上げます。
おかげさまで本年3月1日を
もちまして、開所6周年を
迎えられることができました。
ファミリー(ご入所者)21名全員で
開所記念日を迎えられましたことは
非常に喜ばしいことです。
こうして素晴らしい6周年を
迎えることが出来ましたのも、
ご家族をはじめ皆々様のご支援と
ご協力の賜物と心より感謝
申し上げます。
これを機にスタッフ一同心を新たに
して、ファミリーの皆様に毎日笑顔で
楽しくお過ごしいただけるよう
真心をこめて努力していく所存で
ございます。
今後とも何卒倍旧のご支援ご愛顧を
賜りますようお願い申し上げます。
              謹白

          令和3年3月1日
      根羽村高齢者福祉施設
       ねばねの里「なごみ」
       施設長  竹中 健

柿ノ木
2021.03.11
たませんべい作り

毎月恒例のおやつレク、コロナ渦の中すっかり定番となりました。
今回はご利用者のリクエスト!「昔、子供が小さいころに作ったら大喜びだった!」といわれた”たません作り”
に決定しました。
たませんは昭和30年ごろの名古屋生まれ。戦後、お腹がすいた子どもたちに駄菓子屋さんが考えたそうです。
ふわふわの玉子焼きを「せーのっ!」の掛け声でタコせんべいにのせてタレをつけて出来上がり。
懐かしさと満足の笑顔でいっぱいとなりました。

瀬音 さくら山荘
2021.02.24
新年安全祈願祭

令和3年1月25日(月)新年安全祈願祭を実施しました。
宮司様より施設内のお祓い・無病息災を祈願していただきました。
ファミリー代表として1名の方に玉串奉奠をして頂いたのですが、作法をしっかりと覚えていらっしゃり、格好良かったです。
宮司様よりファミリーに対して、「皆さん健康でお過ごしください。」とお声を掛けて頂き、大変嬉しそうでした。
最後に少量のお酒で乾杯。今年1年楽しく過ごしましょう。

西御堂の里 三笠
2021.02.09
節分行事 👹

 今年の節分は2月2日 124年に1回の巡りあわせです。
 コロナ渦ではありますが、邪気を払うよう、毎年恒例の豆まきを行いました。
 スタッフが赤鬼、青鬼に扮し、密にならないように配慮しながら、新聞紙をまるめた“豆“をファミリーに投げてもらいます。
 面会・外出制限等、生活の制限がかかる中、早くコロナが終息できるよう、ストレス発散!!力いっぱい鬼を退治!?しました。
 その日の昼食は行事食として、恵方巻をほおばり、今年も元気に過ごせるように願いを込めました。
 ファミリー、スタッフともに、体調管理には努め、笑顔で過ごしていきたいです。