Records おたより/イベント

ご利用者の充実した毎日を
施設ごとにご紹介いたします。

ばやし
創刊号から最新号までの
愛知慈恵会の広報誌「祭ばやし」を掲載しました。 広報誌一覧はこちら →
柿ノ木
2022.10.10
野外料理

建物の外に大型の設置して、豚汁を作りました。わざわざ持ち出したのには理由があります。
東海地方にいずれ発生すると言われている地震をはじめ、様々な災害でライフラインが停止しても、
食事を提供するための訓練です。
とは言え、キャンプのような催しにご利用者もウキウキ!(^^)!
なべのふたがなかったり、炭火が弱かったりで想定より時間がかかりましたが。それがわかったのも
訓練の収穫。
少しお待たせした時間は心の調味料。とても美味しく召し上がって頂きました。

瀬音 さくら山荘
2022.10.07
敬老会

9月14日さくら山荘敬老会を行いました!
さくら山荘版の長寿番付発表・ビンゴ大会を行い、敬老会特別手作りおやつ「濃厚プリン」を頂きました。長寿番付では101歳の横綱、梨谷つや子様に大きな拍手が送られました。ビンゴ大会では皆さん一生懸命数字を探し、職員との会話も弾みました。おやつの濃厚プリンは栄養士を中心にファミリーと手作り。甘くて美味しいと、皆さん完食されました♪ 

しゃくなげ荘
2022.10.06
楽しくオンラインレク

月に1~2回オンラインレクに参加しています。
新聞を使ったレクリェーションやリハビリ、音楽療法など楽しく行っています。
懐かしいメロディーが聞こえてくるとご利用者の皆さんも自然と口ずさんでみえます。
コロナ禍で施設への訪問者もなく寂しい毎日ですが、オンラインレクで新しい風を入れています。

ねばねの里 なごみ
2022.10.04
今年も🦋

台風が過ぎ、少しずつ涼しくなって
いる根羽村です。
朝晩は15℃を下回る日もあります。

コロナの影響により、あまりイベン
ト事が無い、なごみです・・・。
毎年投稿していますが、今年も『ア
サギマダラ』が例年より少し早く飛
来して来ました(^^)
アサギマダラの飛来を楽しみにして
いるご利用者・ファミリー・職員で
す。今年は、何頭のアサギマダラを
見られるのでしょうか・・・(*^_^*)
因みに、10/1は1頭、10/4は4~5頭
発見しました。

新和楽荘
2022.07.21
水防訓練

この季節、ゲリラ豪雨や洪水の被害が各地でみられます。
新和楽荘では5月31日(火)に水害を想定した水防訓練を行いました。
避難経路の確認や担架での避難にも協力してくださり、みなさん、緊張しつつも真剣に
訓練に取り組んで頂きました。
日頃からの訓練の大切さを再確認することができました。

柿ノ木
2022.06.01
故郷の香り

昨年の暮れから進めている増築工事。ゴールデンウイーク頃には随分できてきました。
大工さんの棟梁にお話しを伺うと「郡上の白鳥の木だよ」と教えてくださいました。
郡上の杉は清流長良川流域で育つ〝いとしろ杉〟とも呼ばれます。
そして、ご利用者の中でも郡上生まれの方もおみえになり、完成前の見学を何度もさせていただき
「懐かしい匂いがするぞ、郡上の木は冬場に氷点下になるから木がしまっていて良い木が多いんじゃ」
と教えてくださいました。
故郷を思い出しながら幸せなひと時をすごされ、完成が待ち遠しいです。

あいふるの里
2022.04.27
🌸薄墨桜🌸

あいふるの里の正面玄関前には平成20年4月に根尾淡墨会から受拝いたしました
淡墨桜があります。
毎年、地域の桜よりも早く咲くので、ご利用者の皆さんはこの淡墨桜が咲いたら「春」の象徴となっています。
今年も一足早く3月20日には満開になり、
ファミリーの皆さんは余暇の時間に正面玄関までスタッフとともに順番に見に来られ、
春を実感されていました。
また、個別機能訓練の時間にも桜見学をして癒されていました。

また来年も元気に淡墨桜を見たいですね。

新和楽荘
2022.04.21
お寿司の日

毎年、年度の締めくくりとしてお寿司の日を開催しています。令和3年度は3月22日でした。厨房さんの手も借り、海苔巻き、稲荷寿司をスタッフが手作りしました。ファミリーも開催前から楽しみにされ舟形の器に盛られたお寿司を見て喜ばれ、箸が止まりません。おかわりされる方も多くとてもご満悦のファミリーでした。

しゃくなげ荘
2022.03.30
ひな祭り手作りおやつ

3月3日(水)✿ひな祭り✿しゃくなげ荘ご利用者が手作りおやつを作りました。
今回の手作りおやつは《いちご大福パン》です。いちごを切り食パンにあんこと一緒にいちごをのせて包みます。
さくら山荘ファミリーやショートステイご利用者のおやつも手早く作ってくださいました。
とてもおいしいいちご大福パンにファミリーもご利用者も大満足でした。

小川の里
2022.03.23
おこしもの作り

3月2日にケアハウス入居者の方と、愛知県では桃の節句に供えられる和菓子の「おこしもの」を作りました。おこしものは、米粉を熱湯で練ったものを鯛等の縁起物や松等の花の木型に押した後、食紅で色付けをして、蒸して完成します。参加いただいた入居者の方からは、「昔家で作っていたよー」、「家に木型があったよ。」等懐かしむ声もありました。完成したおこしものは美味しく召し上がりました。