Records おたより/イベント

ご利用者の充実した毎日を
施設ごとにご紹介いたします。

ばやし
創刊号から最新号までの
愛知慈恵会の広報誌「祭ばやし」を掲載しました。 広報誌一覧はこちら →
瀬音 さくら山荘
2019.03.20
時に楽しく、時に真剣に!リハレクの時間♪

しゃくなげ荘の午後は、体操やゲーム、作品づくりなどを行い、楽しみながら体を動かしています。最近行ったものでは、紙コップと紙皿を使った“バランスタワーゲーム”が大人気でした!他の人が行っているときには「曲がってるぞ~」とアドバイスしていたご利用者も、いざ自分の番になるとなかなか思うように積み上げることができずに苦戦する姿が見られました。また、手を震わせながら真剣な表情で取り組んだりする姿に、職員まで手に汗握る時間でした。この日の優勝は11段を積み上げたご利用者で、得意満面の笑みがこぼれました。ぜひ皆さんも挑戦してみてくださいね~♪

瀬音 さくら山荘
2019.02.13
白川郷学園の校歌の発表会に行きました♪

白川郷学園は、小学校と中学校を統合した岐阜県で初めての義務教育学校として2017年4月に開校しました。今回は白川郷学園の校歌が完成したということで、その発表会に行ってきました。曲名は『白川郷に生きる』。歌詞は児童生徒や地域の方から募集して作り上げたそうです。 作曲は「マイバラード」などでおなじみの松井孝夫先生というから驚きです!当日はその松井先生のピアノ伴奏に乗せて、1年生から9年生までの全校児童生徒が皆で歌声を披露してくれました。白川郷のよさがこれでもか!と詰まったとっても素敵な歌に、ファミリーも聞き入っていました。思わず涙が流れるファミリーや職員も。歌声に心が洗われた時間でした。

瀬音 さくら山荘
2018.11.15
実りの秋を感じるおやつレクです♪

秋、といえば食欲の秋!という事で、手作り栗きんとん&焼き芋のおやつレクを行いました。

栗は職員の家族が拾ってくれた天然の山の栗を使い、蒸して、すりつぶして、砂糖で味を調えて、形をつくって、という手順で一つ一つ丁寧に作りました。ファミリーの、すりこ木を使う慣れた手つきに職員はただただ感服でした!体が覚えてる、といった感じはさすがですね。

なめらかにすりつぶされた栗きんとんは風味豊かでとても美味しかったです。

焼き芋は包んでもらった次の日にさくら山荘自慢の薪ストーブで焼きました!ホクホクでおいしいと大好評でした(実は真っ黒になったのもありました・・・)。食欲の秋、ばんざ~い♪

 

瀬音 さくら山荘
2018.08.25
かき氷を手作り!

8月はおやつレクで手作りかき氷を行いました。氷菓のおやつはたまに食べますが、自分で作るという珍しい体験にファミリーは大喜び♪自分で作ったかき氷の美味しさで笑顔がはじけました☆しかし年季の入ったかき氷器のためサポートしたスタッフは翌日から3日間、二の腕の筋肉痛に悩まされ・・・。次回のおやつレクは何でしょう?お楽しみに!

 

瀬音 さくら山荘
2018.05.18
こいのぼりクレープづくり!

こどもの日を前に、こいのぼりクレープを作るおやつレクを行いました。抹茶といちご味のクレープにチョコペンを使って顔やうろこをえがき、支柱に見立てたポッキーの横に並べて完成!

様々な模様のこいのぼりが出来上がりました(のっぺらぼうのこいのぼりも!?)

最後はこいのぼりの歌も歌い、楽しく美味しい時間を過ごすことができました。

瀬音 さくら山荘
2018.02.21
鬼は外♪ 福は内♪

節分の日、2月3日(土)に瀬音さくら山荘にて豆まきを行いました。段ボールに鬼を切り絵で描き、豆の代わりに新聞紙を丸めボールを作りました。普段物静かなファミリーも人が変わったように熱中し、あっという間に時間が過ぎていきました。

瀬音 さくら山荘
2017.11.15
白川村南部地区避難訓練

10月29日(日)に白川村消防団と合同で水害を想定した避難訓練を行いました。
ファミリー数名にも協力していただき、消防団員がリフト車を使って指定の避難場所まで向かいました。
近くに大きい川があり、水害はいつ起こるかわからないものなのでスタッフもとても良い勉強になりました。
地域の方と連携することの大切さを再確認した一日でした。

瀬音 さくら山荘
2017.08.18
7月・8月合同誕生日会

先日7月・8月生まれのファミリーのお誕生日のお祝いをしました。
ケーキは、さくら山荘から川を挟んで反対側にある平瀬地区のカフェで作っていただきました。
ブルーベリーとグレープフルーツのさわやかなケーキで、皆さん大変喜んでおりました。
来年もお祝いしたいと心より願います。

瀬音 さくら山荘
2017.05.18
白川村の花見

先日さくら山荘前で、お花見を行いました。
この日は少々風が強く、肌寒い日ではありましたが白川村では他の地域より1か月ほど桜の開花が遅いこともあり、日差しが暖かく、みなさま笑顔でお花見をされていました。
桜の木の周りや川辺、周りの山なども春色に色づき始め、それらの景色にも興味をもたれておりました。
花の話題を通してみなさまとより一層心の距離が近づいたと感じたお花見でした。

瀬音 さくら山荘
2017.02.21
節分

雪深い白川郷ですが、今年も節分がやってきました。
職員扮する赤鬼に小袋に入った豆を楽しそうに投げているファミリーの皆さんが印象的でした。