リハビリへの取り組み

愛知慈恵会では、地域の皆さまが住み慣れた場所で“自分らしい生活”を送れるように、根拠に基づいた効果的なリハビリプログラムを提供します。

訪問リハビリテーション(訪問看護ステーション)

ご自宅までリハビリ専門職(理学療法士)が伺い、1対1のリハビリテーションを行います。
加齢による身体の衰えや、病気やケガによる日常生活上の不便を解消するため、手すりやベッドの位置などの調整を行います。また、転ばない動作方法の提案や、その方に合ったトレーニング方法をお伝えし、より快適にご自宅で生活をしていただくための支援を行います。

特別養護老人ホーム

介護職や看護職と連携して、褥瘡(床ずれ)や寝たきりによる心身機能の低下を予防し、介護が必要であっても自分らしい生活を営むためのプログラムを提供します。

デイサービス

ご利用者とそのご家族が安心してご自宅で過ごせるように、ケアプランに沿って目標設定を行い、ご利用者一人一人に合わせたリハビリプログラムを提供します。

介護予防(養護老人ホーム)

介護予防を目的とした集団プログラムを行うことで、ご入居者が互いに支えあい、主体性を持った活動(互助)が行えるよう支援します。また、より良いプログラムを提供するために定期的に運動の効果判定を行います。

公開講座

ご自身やご家族の介護(寝たきり・認知症等)に不安を抱えている方に対し、現役大学教員を招いてリハビリテーションの情報や知識の提供の機会を設けています。

ページトップへ